丸田税理士事務所へご相談いただいた際の流れをご紹介しております。

ご相談の流れ

相続開始から申告までの流れ

丸田税理士事務所の標準的なスケジュールです。

実施すべき事項 説明
相続開始
相続放棄・限定承認する場合の手続き 単純承認の場合には手続きは不要。放棄・限定承認をする場合には原則として3ヵ月以内に家庭裁判所の手続きが必要。
相続開始後3ヵ月目
所得税・消費税準確定申告 事業を承継する相続人の方については、青色申告の承認申請手続きにも注意してください。
相続開始後4ヵ月目
不動産等評価作業
  • 現地確認調査
  • 法務局・市役所等での役所調査
  • 評価方法の検討・決定
預貯金の残高証明書等の収集 金融機関の残高の証明書等が必要となります(通帳コピーでも可)。税務対策上、過去の預貯金等の異動状況を確認させていただく場合もあります。
相続税総額の概算額算定 早い段階で概算額を算定します。
相続税納付方法の検討 延納又は物納手続きの必要性の検討。 必要な場合には不動産の売却等も検討。
遺産分割案の検討
  • トラブル回避、今後の各人の生活等を考慮して誰が・何を・いくら相続するのか。
  • 配偶者がご健在な場合には、今回の相続の配偶者の特例と次回の相続税を想定して配偶者に何をいくら相続していただくのか。
相続開始後6ヵ月目
遺産分割協議書の作成 期限内に分割が見込めない場合には、税額に影響することがあります。
不動産の名義変更手続き 物納、延納や納税猶予の特例を受ける場合には、原則として申告期限内に名義変更をする必要があります。
相続開始後8ヵ月目
相続税額の最終確定 各相続人様に各人の負担税額を確認していただきます。
申告書提出 申告期限1ヵ月前を目途に申告書を提出できるように作業を進めます。
相続開始後9ヵ月目
予備期間
10ヵ月終了時(相続税申告期限)

Eメールでのお問い合わせ

資産税(相続・譲渡)

業務紹介

ご相談事例のご紹介

料金表はこちら


PAGETOP